Translate.......

Mittwoch, 6. Juni 2012

立ち退き訴訟を今、止めさせよう - 芸術、ベルリン、そしてタヘレスのサポートをよろしくお願い致します。

立ち退き訴訟を今、止めさせよう - 芸術、ベルリン、そしてタヘレスのサポートをよろしくお願い致します。

(写真 : HNH NORD 銀行、投資家ヤーグトフェルド、投資家シュプレア・コネクションに雇われているプライベートのセキュリティ達によって、展示物が破壊される前のアマル・コランゴのオブジェクト Foto Copyright: Petrov Ahner)



GERMAN VERSION
FRENCH VERSION
ENGLISH VERSION
ITALIAN VERSION

立ち退き訴訟を今、止めさせよう - 芸術、ベルリン、そしてタヘレス - 野蛮人をタヘレスから追放する為に

タヘレス5階にある、ブラオアーサロンは、執行人と共に、タヘレスの手中へと取り戻す事が出来ました。 その時の喜びというものは、言葉に尽くし難く。

ただ、悲劇的だったのは、ブラオアーサロンの状態と、そこにあった展示物の状態です。

セキュリティ会社の人達が残していった状態は、焼け野原状態。 ケーブルは切断され、コンセントへと続く電気系統のケーブルまでも切断。 すべてが壊され、使えない状態にされてしまいました。 責任元はそのセキュリティの人達を雇用している、タヘレスの強制管理人である Schwemer, Titz & Tötter, そして、その弁護士である Dr. Michael Schulz 氏です。

Amaru Cholango 氏 (5階、ノイエ・ギャラリー)の展示会も破壊。 作品の数々は細かく砕かれ、山の如く、ゴミとして扱われていました。 ギャラリー内にあった石造りの壁は壊され、映像インスタレーションに利用されていた、ビデオビーマーの3機は盗まれました。 この空間自体、22年来でもっとも最悪な状態で手もとに帰ってきた訳です。

この様な行為は許されてはなりません。

投資家 Harm Müller Spreer に雇用されている、弁護士 Schultz (Schultz & Seldeneck)は、多分にHSH Nord 銀行代行であり、タヘレスに関する強制管理人である Schwemmer, Titz & Tötter と、協力をし合っており、ベルリンミッテ地区における芸術作品の破壊行為に関与しています。

また、それに対して、ベルリン文化評議員は力もアイディアもないままに、無関心に、様子を見続けている状態でもあります。

ベルリン市民、またアーティスト達、そしてタヘレスのサポーター達だけのお陰で、アートハウス・タヘレスはこの4年間、引き続きやってこられたのです。

来たる、6月20日(2012年)には、タヘレスのアーティスト達に対して、さらなる立ち退き訴訟が行われます。 これらの状況下において、訴訟を止めない手はありません。

こういった状況に関係する人々、また関与者にに対してメールを送り、今後もタヘレスのサポートをよろしくお願い致します。

gesine.daehn@hsh-nordbank.com, olaf.scholz@hamburg.de, info@gal-fraktion.de, info@SPD-Fraktion-Hamburg.de, info@cdu-hamburg.de, landesregierung@schleswig-holstein.de, der-regierende-buergermeister@senatskanzlei.berlin.de, andre.schmitz@kultur.berlin.de, michael.mueller@spd.parlament-berlin.de,Brigitte.Lange@spd.parlament-berlin.de,henkel@cdu-fraktion.berlin.de, brauer@linksfraktion-berlin.de, ramona.pop@gruene-fraktion-berlin.de, petra.pau@bundestag.de, bernd.neumann@bundestag.de, internetpost@bundeskanzlerin.de, christian.hanke@ba-mitte.verwalt-berlin.de, poststelle@bpra.bund.de, renate.kuenast@bundestag.de, monika.gruetters@bundestag.de, kult@parlament-berlin.de, info@rak-berlin.org, hans-peter.friedrich@bundestag.de, PPrIR4@polizei.berlin.de, sabine.bangert@gruene-fraktion-berlin.de,sabine-almut.auerbach@verdi.de, berthold.bose@verdi.de, edda.redeker@verdi.de, olaf.behm@hsh-nordbank.com, info@hwbloecker.de,astrid.balduin@hsh-nordbank.com, Rainer.Klemmt-Nissen@hgv.hamburg.de, guenter.femers@hsh-nordbank.com, rune.hoffmann@hsh-nordbank.com,peter.mentner@hsh-nordbank.com, office@tacheles.de

これまでも、皆様方のソリメールによって、かなりの助けになっています。 その調子で今後もよろしくお願いします。 出来るだけ沢山の人々が、ソリメールという方法によって公的にプロテストをする、そうやって物事を動かす事が出来るのです。

例文として下記を記載しておきます。 日本の方々も例文のコピーでも構いませんので、よろしくお願い致します。

Sehr geehrte Damen und Herren

Die privaten Sicherheitsdienste der HSH Nordbank und ihrer Zwangsverwalter, Schwemer, Titz und Tötter, und deren Anwalt Dr.Michael Schulz von Schultz und Seldeneck haben einmal mehr Kunst zerstört, um die Künstler aus dem Kunsthaus Tacheles zu vertreiben.

Die Arbeiten des ecuadorianischen Künstlers Amaru Cholango wurden mutwillig zerschlagen und zerstört. Herr Cholango ist Documenta Teilnehmer und weltbekannt. Diese Barbarei muss sofort aufhören.

Der Räumungsprozess muss sofort gestoppt werden.

Die Zwangsverwaltung ist sofort zu entlassen, da sie die Gläubigerin schädigt. Die Zwangsverwalter arbeiten gleichzeitig für den Investor (der das Objekt noch gar nicht ersteigert hat) und die Hauptgläubigerin (HSH Nordbank). Dies ist strafrechtich relevant und schadet konkret den Eigentümern der HSH Nordbank. Abseits der Tacheles Problematik ist die Zwangsverwaltung dadurch untragbar.

RETTEN AUCH SIE TACHELES UND DIE MITTE BERLINS

mit freundlichen Grüßen in Erwartung ihrer Stellungnahme

                             送信者のご氏名

****************************************************************************** translation by: Yoko Koyanagi R. ******************************************************************************
momentanes Brauchtum im Tacheles: ____>>>> TACHELES BIENNALE 2012 ******************************************************************************

Kritikdesign am Leben erhalten / Donate for Kritikdesign now:


***********************************************************
euer Tacheles Team

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen